500円OFF 新丸子店 神奈川県川崎市中原区新丸子町743
柳ビル2F
TEL 044-739-8915

東急東横線『新丸子駅』徒歩1分
11:00~23:00 綱島店 神奈川県横浜市港北区
綱島西2-13-7 1F
TEL 045-549-5770
東急東横線『綱島駅』徒歩5分
11:00~21:00 西小山店 東京都目黒区原町1-5-7-201
TEL 03-5724-3821
東急目黒線『西小山駅』徒歩3分
13:00~23:00
side_reservation_button.png もみーなグループ 年中無休
スタッフ募集

HOME > もみーなブログ > アーカイブ > 綱島店の最近のブログ記事

もみーなブログ 綱島店の最近のブログ記事

甘味の欲

こんにちは!もみーな新丸子店、綱島店の中野です。

早いもので11月も残すところ2週間少しとなりました。

日に日に冬らしい寒さとなってきましたね。

 

今日のお話ですが、11月の中旬から私の体は甘いものを欲している感覚が出てきました 笑

昔、身近な人から聞いた話ですが冬の時期は特に甘い物が欲しくなりやすいのです。

 

それにも身体の中での理由があるのです・・・・・・

冬は全身が緊張にあり、温めることを欲しています。

そこで身体は温めて欲しいと信号を出し、炭水化物と脂質を多く含んでいる甘味(主にチョコレート)を欲しています。

このように摂取すると体外から熱をもらい、身体を温めています。

甘味には脂質が含まれているため摂取しすぎると脂肪として体内に蓄積され、冬太りしやすくなるのです。

 

 

こうした冬太りの予防方法として・・・・・・・

甘い物への欲が出たら、午前中の活動時間に摂取し、夜はその分に控える。

野菜やタンパク質を積極的に摂る

暖かい具だくさんの味噌汁を飲む

緑茶を飲む(緑茶に含まれる茶カテキンは脂肪燃焼の働きがある)

 

話は逸れますが、私自身最近、月に3、4回近所のファミレスでアイスを食べる機会が多くなってきたように思います。

(この欲の感覚は自分でもよく分からぬといった感じです。

 いやいやこの欲はセーブしなければ冬太りしちゃいます 汗)

 

冷え性の方はこの冬にとにかく暖かい物を飲んで、食べて、寒さに負けず頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


たまにはね♪

みなさま、こんにちは。

このところ、天候の悪さや、気温の変化など激しく感じますが、いかがおすごしでしょうか?

 

かく言う私も、先週末あたりから、風邪をひいてしまい、少しお休みをいただいておりました

(この場をお借りして、お客様、スタッフにはご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでしたと、言わせてください)

 

ただ、この風邪が、なかなかの曲者でございまして、頭痛とのどの痛みがかなりきつかった。

そして『このまま、熱があがりそうだな~』なんて空気まで感じられたのですが、わたしの場合は(平熱は36.2くらい)37.3℃どまり

一向に上がらず、ただただ、痛みと微熱のだるさにやられてしまってました

 

そんなこんなで二日間、この状態だったのですが、この『熱が上がらない』というのも、身体の不調そのものだと教えてもらいました

 

体に悪いウイルスなどが侵入したときに、悪いものが体内に発生したことを脳に伝える物質は、血液と一緒に脳に運ばれるしくみになってます。

が、そもそもの血流が悪いと『熱を出して、悪い物をやっつてください!!』という指令が出せない。運よく出せたとしても、体内の流れが悪いと、最終的には、悪い物質をやっつけてくれる白血球の作用にまで、影響するとか・・・

 

高熱が出ると、体力の消耗は心配されますが、しっかり体内で『悪い物』をやっつけている証拠。

安心材料にもなりますね

ただし、この場合は72時間以内で治まるのが前提になります

日数でいうと、三日越えたら、お医者さんに診てもらった方がよいかな??と思います

(もちろん、その間は、水分をしっかりとって、安静に、が前提です)

 

と、いうことで(どゆーこと?)、いまの状態からだと、すっきりこの状態が抜けるには、まだまだ時間がかかりそうだなーー

って、嫌な予感しかしてません(笑)

 

それでは、年に一回在るか無いか

もみ~な綱島店、下田による『たまにはまじめな話をしないとね♪』ブログでしたーー

 

 


食中毒注意!!

皆様こんにちは。綱島店蓑和でございます。

最近、政府広告の食中毒への注意喚起がこの時期になされたようです。

本来なら、もっと暑い時期に細菌の増殖によって集団食中毒が起こりそうですが

なんか時季外れじゃないかな?と一人不思議に思ってみました。

 

調べてみると、

 

腸管出血性大腸菌(O157,O111),サルモネラ菌などの温度や湿度の上昇とともに増殖する細菌類

 

ノロウイルスのように低温、や湿度の低い環境で長く生存するウイルスが、食中毒を引き起こす要因なんだそうです。

そして、細菌の場合「つけない、増やさない、やっつける」

ウイルスの場合、「持ち込まない、広げない、付けない、やっつける」

 

が、キーワードなんだそうです。

 

お料理を作る過程で、細菌は

食材に菌をつけない(手洗い)

低温で保存し菌を増やさない(冷蔵庫)

加熱処理で菌をやっつける。

 

当然のごとく皆様が夏場普通に気にされていることですね。

 

ウイルス(ノロウイルスetc...)に関しても排泄物や嘔吐物から媒介することが多いようで

たちの悪いことに低温で乾燥した環境条件で長時間現存し続けるのだそうです。

ジメジメしていない11月~3月の乾燥時期に食物や手などに付着し、腸内で増殖するのだそうです。

 

夏から格段に涼しくなってきたこの時期に幼稚園やお弁当屋さんでの経路不明の集団食中毒がニュース

になっています。

 

涼しくなると細菌が繁殖しにくいイメージから、調理素材や器具などの衛生管理の気が緩むのでしょうか?

 

そればかりでは無いような気もします。

 

秋になり、夏の暑さや冷たい物の摂り過ぎなどで胃腸は特に疲れを見せる時期。

私たちの内臓も外敵から身を守る免疫機能がとても落ち込んだり、内臓の疲れからくる腰痛やお背中の張りを

訴えるお客様がとても多くなる時期です。

 

自律神経は内臓の働きなどを私たちの意識下で管理統制しています。

気温の大きな変化に自律神経が順応しきれず、胃腸含め色々な部位の機能低下をもたらす時期なんですね。

 

経路不明の怖い食あたりや食中毒にはとにかく、事ある毎に殺菌、洗浄しかないような気がします。

 

月並みなまとめとなりますが、気にし過ぎと言われるくらいの手洗い、イソジンうがい、洗浄を心掛けようと思う蓑和でございました。

 

 

 

 

 

 

 


食欲の秋、食べ過ぎ注意!

 少しずつ秋の気配が近づいてきた昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。

もみ~な綱島店の安田です。

秋は「食欲の秋」と言われるように、美味しい季節のものがたくさん出回るので

ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

 しかし、「君の膵臓をたべたい」(絶賛上映中!)の膵臓さんの観点からすると、

とても危険な行為なので注意が必要です。

 

膵臓は、またの名を「時の臓器」(肝臓は沈黙の臓器)と呼ばれ、

膵臓さんが元気で長く働く為には「同じ時間に、同じ量の食事(量)を摂取する」のが良く、

時間が不規則になったり、多く食べたり少なく食べたりまたは抜いたりすると

膵液の分泌コントロールだけで膵臓自身に負荷が掛かり、膵臓の病気(急性膵炎・慢性膵炎

・2型糖尿病・膵臓癌など)の布石となってしまうのだそうです。

 

 世間では、ダイエットブームにより様々な食事法(一日一食・二食・三食・多食等)がございますが、一度決めたら、できる限り時間帯を決めて同じ量のもの摂取することが大切です。

 そして、最近話題のスタンフォード式「最高の睡眠」の西野精治氏によると、

「朝食をちゃんと摂取」した方が、良い睡眠が得られるそうです。

 

 ちなみに、「最高の睡眠」を得るためには、その他「朝日を浴びる」「起きたら顔や手を冷やす(洗う)」「夕方散歩をする」「寝る一時間前はスマホ・パソコンを見ない」「お風呂は90分前に入る」「コーヒ等のカフェイン類は午後3時以降は摂取しない」方が良いのだそうです。

 

 みなさんも良い眠りを得るためにできることを行なってみてはいかがでしょうか?

 そして、くれぐれも食べ過ぎには要注意です。(^.^)/~~~

 


食欲の秋、食べ過ぎ注意!の続きを読む

秋の夜長♪

こんにちは!

綱島店の安住です。

雨だらけだった夏・・残暑もなく秋の気配を感じています。

今日は秋の夜長について・・・

 

なんで「秋の夜長」なんでしょう?

色々調べてみると・・・

秋は四季の中で陽が昇り、落ちるまでの時間が一番短い

陽が落ちるのが早いと言ことは・・・

当然、夜の時間が長いということになりますね!

 

この秋の夜長の楽しみ方・・皆さんはどう過ごされますか?

一般的に社会人や学生の方はやはり、金・土曜日がお勧め!

一週間の疲れやストレス発散するにはいいのではないでしょうか

お年寄りの方は曜日に関係なく過ごしやすい気温の日がいいかもしれません。

 

夜長の過ごし方については人それぞれしょうが・・・

・美味しいものを時間をかけて食べる。

・温泉や露天風呂付のスパ(スーパー銭湯)でゆっくり入浴。

・好きな音楽を聴いたり、DVD鑑賞や本を読む。

・窓を開け外の風を感じながらの瞑想(( ´∀` )

・心地よい睡眠を十分にとる 等々

しかし、夜更かしし過ぎて寝不足になり、仕事の効率が悪くなりがちでもあります。

 

秋の夜長の間は心身共にリフレッシュして、冬に備えるときでもあります。

楽しみながら、有意義な時間を・・・

 

 

 

 

 


高血圧

こんにちは!もみーなしんま新丸子店、綱島店の中野です!

さて、早いものでもう9月に入り、季節の変わり目が訪れてきております。

ちょうどこの時期は体調を崩しやすくする頃になってきます。

 

さて本日は40代以上の方に多い高血圧についてです。

高血圧とは・・・・正常よりも血圧が高くなること。  

          メカニズムは生活習慣の乱れなどで、心臓の収縮が強くなったり、脈拍が高くなることで

          心臓からたくさんの血液が送り出され、そのために血管に圧力がかかります。

          そうすると心臓が過度に働こうとするので、血管が厚い壁をつくり、弾力性が無くなり、

          初めは自覚症状は出ないものの、進行すると、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化を引き起こします。

          

          この血圧の正常とされている数値は

          心臓が収縮して血液を押し出した時、血管に一番圧力がかかる収縮期血圧(最高血圧)は120~129、

          収縮した後心臓が広がり、圧力が一番低くなる拡張期血圧(最低血圧)は80~84となっており、

          この数値を超えると、要注意です!

  

 

高血圧になりやすい人・・・・イライラしやすい人(感情が高ぶっているために、交感神経が活発に働きやすくなっているため)

                 

 

                 お酒好きな人   (お酒を飲んでいると塩辛い物を欲し、同時にお酒と塩分を摂ってしまい

                             塩分の過剰摂取となる。)

 

 

 

                 野菜が不足している(野菜にはカリウムと言って塩分を体外へ排出する働きがあるので

                              その野菜が不足すると体内の塩分を排出しなくなるため。)

 

 

 

予防法・・・・・・・・・・・・・・ストレスの解消、禁酒、禁煙、塩分や糖分の過剰な摂取を控える、

               一日に三食野菜を取り入れる

               たまに血圧を測り、バランスの整った食生活をする、適度な運動を取り入れる

 

 

 

 

高血圧は進行すればするほど病気にかかり、恐ろしいものです。

規則正しく生活をし、健康な体をつくっていきましょう!!

 

 

   

          

       

 

 

 


なつですね!!

みなさん こんにちは!

梅雨が明けて(あけてなかったのかw)ますます夏らしいお天気が続く中、いかがお過ごしでしょうか??

 

もみ~な綱島店の下田です

 

さて、毎日毎日、外を歩くだけで汗がだらだら、かなりの水分が奪われてしまってますね

 

みなさんは『水分補給』  どんな工夫をされてますか??

 

いまは、テレビやインターネットなど、様々な手段で、健康に過ごすための知識を得ることができますよね??

 

どんなものを、どんなタイミングで補給するべきか??

 

いろいろな方法で実践されてるのでは??と思います

 

しかし、残念ながら気を付けていても、体がそれに応えてくれない時もあります

 

それはどんな時???

 

例えば寝不足や食欲減退などで、からだの調子がイマイチの時などは、体の機能そのものの働きが悪くなってるので、すぐには効果を得られないことがあります

 

なので、水分補給をしつつ、しっかり食べてしっかり眠る

 

うん。人間の基本ですよね(笑)

 

そして、水分補給ものどが渇いてからがぶがぶ飲むのではなく、こまめに飲み続けたり、食事の中で、汗をかいて失ってしまった水分や塩分の補給のために、味噌汁を飲んだり、きゅうりに塩をふってたべたり・・・なんて方法でも水分補給ができてしまうので、夕飯などに組み込んであげると、翌日のからだの調子が変わってくる・・・かもしれないですね

 

それでは、またの機会に・・・

 


熱中症のお話

夏本番!!!sunsunsun

既に35℃近くを記録していますが、皆様体調の程、お変わりないでしょうか?

お店には、暑さに適応出来ずに体調を崩されたお客様のご来店が多くなってきています。

もう生きているだけで疲れる急激な気温の変化‼!

お体が暑さに慣れるまで頑張りましょう!!

 

とはいえ、無理は禁物。今日は熱中症の予備知識のお話です。

 

もし暑い中、いつになくめまいや吐き気、頭痛があればそこで熱中症を疑ってください。

即座にエアコンの効いた建物や、木陰、風邪通しのいいところへ。。。

衣服を緩め、涼しい風を体に当てましょう。首、わきの下、足の付け根には大きな血管が通っていますので

各所に保冷材や濡れタオルをあてがうのも有効ですね。

市販のスポーツドリンクなどで塩分やミネラルも一緒に摂取してくださいね。

 

倒れて意識がもうろうとしている方は血が脳まで回りにくくなっている状態です。

足を頭より高い位置で横にして、涼しい場所へ寝かせてあげて下さい。

 

手足のけいれん、筋肉痛は体内の塩分が不足している状態です。水だけでなくスポーツドリンクを。

 

倦怠感や吐き気、頭痛は大量の汗をかいた後に起こりやすく、これもまた足を高い位置にし、スポーツドリンクを。

 

体温が異常に高く言動がおかしかったり意識障害がある場合には重度の熱中症により命の危険が考えられます。

すぐに119番通報、前述の箇所を特に冷やして、救急車の到着を待ちましょう。

 

体力の低下が著しい乳幼児やお年寄りは脱水症状になっていてもご自分で気付かないこともあり

致死率も高くなっています。

 

。。。実家で一人暮らしの母親に連絡を取ってみようと思う蓑和でございました。

 

 

 


脳は大切!

こんにちは、綱島店の安田です。
最近、忘れ物が多くて・・・
昨今は、某芸人さんの「左脳室内出血」や某歌手の「もやもや病」そして認知症に多いアルツハイマー病など、脳に関係する病気が話題になっています。私達施術家からみると主な原因は、脳脊髄液の還流と血管の虚弱によるものであろうと推察できます。一般的にまだ知られておりませんが、脳脊髄液の還流障害の主な原因は頭部打撲(たんこぶや出血など)による頭蓋骨の呼吸(自然な動き)の停止により、脳圧の除圧がうまくできず、血管に負担がかかり、出血したり、血管の枝分かれウィリス動脈輪)がおこったりすると考えます。
ですので、手技療法的には、頭蓋骨調整にて脳圧緩和できるような施術を施します。認知症予防にも効果があると言われておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください(ヤスダまで)。

 

 

灯台下暗し

こんにちは

綱島店の安住です。

 

今年もあと半年となり、月日の早さを感じます。

 

今日のブログは・・・・

私には無縁ともいえることわざ・・・

勉強を避けてきた私には使い方も知らなければ、もちろん使う場面もありません。

この間、ある人と何気ない会話ででたこの「灯台下暗し」

 

ん~???

何だかひっかかたので今更ながら調べてみました。

 

灯台下暗しとは「身近の事情はかえって分かりにくいものである。」という意味。
メジャーなことわざであるのは知ってましたが、何せ無縁な私・・・


しかもこの「灯台」の本当の意味を知ってましたか?

埠頭に立っている船の目印になる明かりを出すのが「灯台」ではないんですね
因みに「燈台」と書くそうで・・・。

「灯台下暗し」の「トウダイ」とは「灯明台(とうみょうだい)」のこと言います。
灯明台とは、ろうそくや油を燃やして明かるくする室内照明具のこと。

テレビの時代劇で室内を照らしているのを見ますよね。

灯明台で周囲を明るくしても、足元は暗くなっていることから、使われています。


自分の身近にある大切なものほど気付きにくい。
これは人にも言えることではないでしょうか?
家庭や職場、自分の周りにいる人達のことは大丈夫ですか?

今一度周りを見つめなおしてはどうでしょうか?


職場環境は特にこうならないよう、リーダー的な人は日頃から周りへの

些細な気配り発信が必要だと思う今日この頃でした。





 


<<前のページへ12345678

« 新丸子店 | メインページ | アーカイブ | 西小山店 »

このページのトップへ