500円OFF 新丸子店 神奈川県川崎市中原区新丸子町743
柳ビル2F
TEL 044-739-8915

東急東横線『新丸子駅』徒歩1分
11:00~23:00 綱島店 神奈川県横浜市港北区
綱島西2-13-7 1F
TEL 045-549-5770
東急東横線『綱島駅』徒歩5分
11:00~21:00 西小山店 東京都目黒区原町1-5-7-201
TEL 03-5724-3821
東急目黒線『西小山駅』徒歩3分
13:00~23:00
side_reservation_button.png もみーなグループ 年中無休
スタッフ募集

HOME > もみーなブログ > アーカイブ > 2019年4月アーカイブ

もみーなブログ 2019年4月アーカイブ

オステオパシー施術の感想

こんにちは、オステオパシーコース担当の安田です。
皆さん、体調はいかがでしょうか?
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、天気予報(特に気温)をこまめにチェックして、服装も工夫してくださいね!
 
ところで、オステオパシーを受けた事がない方は、オステオパシーがどんな感じの施術か分からないと思います。
そこで、珍しく私の施術の感想をブログに挙げて頂いた方いらしたので部分的に転記させて頂きます。(全文は、シンガーソングライターの福澤歩様ご本人のブログをご覧ください。ご本人了承済み)
 
 『今日は身体のメンテナンスで、初オステオパシーという施術をやっていただきました!
昨年12月色んな疲れがピークに達し、声まで出なくなるという私にとっては究極の状態にまでなってようやく休むという。(声以外だったらまだ動いていたと思う)

(中略)

凝りや疲れ、不調が慢性化しすぎていて、自覚症状がないという感じびっくり

今回は身体全体的にみてもらったのですが、各部分をメンテナンスしてもらうたびに先生が「硬っ」「う…っん」
よっぽど身体さん頑張っていたようです
内臓の調整もしてもらったのですが、かなりダメージがあったようで
整えるのに普通の2倍の時間かかったと言っていました汗
2時間の施術が終わった後身体がすごく軽くなり、心地よくポワァ〜ンとした感じに
しかもオステオパシーは直後より時間をおいた方が変化があるらしいです!!
(その人の状態によって翌日とか1週間後とか違うらしい)
施術自体は説明しづらく、ハードに揉みほぐすものではないため人によってはやってもらった感がない!と言う人もいるようですが、ちゃんと科学的に説明できる方法で尚且つ自然治癒力で治すんだそうです!
 私の体感では明らかに違いますぴかぴか
足を組む癖があったのですが、施術後はビックリするくらい安定感と座りの良さがあり足を組みたいとも思わない!!
 (中略)
去年から漢方の治療、鍼灸、リンパマッサージ、そして今回オステオパシーと
症状が出ているその部分だけでなく心も含め身体全体を見ながら
気持ち的にも納得しながら関わってくれる人がいるということはとても有難いなぁと思います。』
 
以上
※注釈:関節部に関しては、間接法(誇張法:動きやすい方向角度を探し、その方向へ1g~3g)、筋肉部の調整に関しては、直接振動筋膜リリース法を、内臓調整は内臓マニピュレショーン+特殊V字放射テクニックをメインに使用しておりますので、ソフトで安全な施術となっております。
 
 
 

味噌の効用

皆様今日は。綱島店蓑和でございます。

 

今日はお味噌の話題です。

古くは中国の「醤」という保存食から端を発したお味噌。その途中の生成過程で口にした食べ物が、とても美味しかったということから広まったということです。鎌倉時代には水への溶けやすさが認められ、お味噌汁として、一汁一菜という食文化として、確立したようです。

戦国時代には信州や三河などで戦国大名の兵糧に保存食である味噌を携帯させていた関係から、味噌が名物の土地と戦国武将の繋がりが見受けられます。

 

河豚や、納豆もそうですが、初めて口に入れた勇気ある先人に日本人として拍手を送りたい次第ですね。

背景には''それ''しかもう食べるものがなかったという厳しい現状も今の日本の豊かな食文化を支える理由の一つではありますが。。

 

近年では味噌は医者いらず!と、三分クッキングの土井善晴先生も推奨されています。

大豆はそのまま食べてもタンパク質として消化吸収がされにくく、お味噌にすると、腸で加水分解され、30%がアミノ酸として吸収されるという利点があります。

 

抗酸化作用の働きで、胃がん、乳癌防止になり、大豆たんぱくは血圧の上昇抑制、コレステロール値を下げる効果、

脳の情報伝達の細胞を作る基となり、集中力や記憶力の上昇。オリゴ糖による腸の強化と免疫力のアップ。

美肌効果、アンチエイジング、近年では、女性ホルモンの分泌のバランスを保つ効果も発見され、更年期障害も抑制させてくれるとのこと。

 

過食、飽食が問題となっている近年ですが、日本食の優れた機能でもう一度、食から健康を見直してみようと思います。

 

 

 


8年ぶりにクッキング

こんにちは!もみーな新丸子店、綱島店の中野です。

ついに新元号が発表されましたね。

新元号は・・・・令和

同時に時代もますます変わってくるなと実感も湧き出てきます。

 

ここから今日の本題に入りまして・・・・

ちょっと前になるのですが、2か月前8年ぶりに台所に立って料理をしました。

実は2か月前に誕生日でして、20代半ばを迎えたこともあり、

今までの年とは違うことで迎えたいと考え、

ここ何年も料理をしていないなと思い出したのと腕試しをしたい欲望が出てきたのが

きっかけで料理をやってみました。

 

そこで今回作ったのは・・・・・・・

私、冬の間は異常にチョコレートが欲しくなり、そのせいで口の中がもやもやとする感じがでてきて

さっぱり酸味のある物が食べたくなり、レアチーズケーキを作りました (笑)

 

 

因みに作り方を紹介いたします・・・・・・・・・・

                    

                      

 

                      材料(18cmの底の抜ける型)

 

                    チーズの生地の材料

                  クリームチーズ・・・・・・・・200g

                       砂糖・・・・・・・・・・ 60g

                  ヨーグルト・・・・・・・・・・・・200g(水切りした後に200gとなるので

                                      水切りする前は450gを計る) 

                  生クリーム・・・・・・・・・・・100cc

 

 

 

                  レモン汁・・・・・・・・・・・・・大さじ1(絞った後にこし器でこす)

                                       ゼラチン・・・・・・・・・・・・・  7g

                    水・・・・・・・・・・・・・・・70cc

 

 

                    ビスケットの土

                  ビスケット・・・・・・・・・・・90g

                  バター・・・・・・・・・・・・・・40g

 

 

                    下準備

 

   ヨーグルトは前日にザルとボウルを用意し、ザルの上にキッチンペーパーを敷いて

   一晩水切りをする。

   

  クリームチーズは混ぜやすくするためにレンジで柔らかくしておく

   型の周りにバターを適量塗っておく(こうすることで型から外しやすくなる)

  ビスケット用のバターをレンジで溶かす

 

 

                    土台作り

  ビスケットを袋に入れ、麺棒で細かくなるまでたたき、細かくなったら溶かしておいたバターを

  3回に分けてなじませる。

 

  なじんできたら型の底に敷き詰める(この時にコップを使ってやると型崩れしにくくなる)

  生地を入れる直前まで冷蔵庫で冷やしておく

 

                    チーズ生地作り

  クリームチーズをよく混ぜた後、砂糖、ヨーグルト、レモン汁、生クリームを順に加え混ぜる。 

 

  水を70ccとゼラチンを別々の器に計り、必ず水の方にゼラチンを加え入れてよく混ぜ、ふやかしておく

  (水の方にゼラチンを入れることでダマになりにくくするため)

  ふやかす時間は約5分が目安

  

  5分経ったら600Wで30電子レンジで溶かす

  (この時沸騰しないように注意が必要で、沸騰させるとゼラチンの凝固力が弱くなり、

   固まらなくなってしまう)

 

   レンジから出して軽く混ぜ、チーズ生地に加える

 

 最後に型に入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める

 

 

 ちなみに食感の好みでふわっとした方が好みの場合は生クリームを少々とろみがつくくらいに

 泡立て、ゼラチンを入れた後に入れること。

 

 生地に隙間がなく、ずっしりした方が好みの場合は生クリームを泡立てず、上記の作り方そのままです。

 

  

 冷やしている間、私のせっかちな心が活発になってしまい、30分に一度冷蔵庫を開けて

 ラップの上から固まり具合を見ておりました(笑)

 普段はのんびり屋と言われている私ですが、こういう時は別人のようにせっかちになってしまうんです(笑)

 

 

 まあこんな感じで作ったわけですが、今度はまた別のものを企画中であります。

 

 最後に話は変わりますが、まだ寒かったり暖かかったりと気温の変化はあるので

 体調を崩さないように頑張りましょう! 

 

 

 

    

 

  

  

  

 

  

      

                 

 

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       

   

 

                  

                                       

 

 

 

           

 

 

         

                

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1

« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ | 2019年5月 »

このページのトップへ