500円OFF 新丸子店 神奈川県川崎市中原区新丸子町743
柳ビル2F
TEL 044-739-8915

東急東横線『新丸子駅』徒歩1分
11:00~23:00 綱島店 神奈川県横浜市港北区
綱島西2-13-7 1F
TEL 045-549-5770
東急東横線『綱島駅』徒歩5分
11:00~21:00 西小山店 東京都目黒区原町1-5-7-201
TEL 03-5724-3821
東急目黒線『西小山駅』徒歩3分
13:00~23:00
side_reservation_button.png もみーなグループ 年中無休
スタッフ募集

HOME > もみーなブログ > 綱島店 > 長風呂

もみーなブログ

< 綱島店からのお知らせ  |  一覧へ戻る  |  大丈夫? >

長風呂

こんにちは。綱島店蓑和でございます。

昨年とは違い、降雪が殆ど無い今年の冬ですが、やはり朝晩は冷え込みます。

スマートホンで氷点下を記録するの日もちょろちょろと、、、。

自宅でもエアコンだけでは底冷えからは逃れられず、あくる日の疲労感が抜けきれない年齢になってしまいました(笑)

 

最近凝っているのが「長風呂」です。

 

熱ーい朝風呂にシャッっと入って目を覚ます。のが、私の日課でしたが、このところ、目覚めに疲労が抜けきれず、どうしたもんかと

試行錯誤していましたが、ちゃんと夜のうちに、長めに湯舟に浸かる!という、当たり前のことを疎かにしていました。

 

効果はかなりのもの!!!

若い時はお風呂の入り方に関わらず、疲労が抜ける体だったので、お風呂の効果など気にしていませんでした。

必要に駆られて始めて見ましたが、改めて、親や先人の言うことは、素直に聞いておくものだと実感しました(笑)

 

やり方は簡単。ぬるめのお湯に15分~30分、半身浴で額から汗が出るまで浸かるだけです。

 

ぬるめのお湯は自律神経の副交感神経(筋肉を弛緩させる)に作用し、血行をより促します。

血管は筋肉の老廃物を抜き取り、代わりに栄養を筋肉に供給しますので、身体のメンテナンスがよりよく出来るわけですね。

疲労が溜まった感覚は身体の重ダルさ、疲労感そのものですから、これが抜ければ、朝のスッキリ感が違います。

 

注意点としては、長風呂では首まで浸からず、温度も38~40℃までにとどめ、風呂上りのスキンケアも怠らない、ということでしょうか?

 

お風呂に浸かる行為はかなりの水圧が体にかかっています。体が締め付けられた状態で血流が活発になりますから心臓への負担も

強くなります。当然、熱めのお湯もNGですね。首まで浸かることも同様に負担が大きくなります。

また、身体を保湿させている油分も長風呂では落ちてしまいますから、乾燥肌になりやすくなります。

 

体温を一時的に高めることで、免疫系の細胞も活発になり、体内の細菌やウィルスを撃退してくれるそうです。

 

手軽なお身体の機能を高める方法です。皆様も良ければお試しになってみて下さい。

 

 

 


カテゴリ:

< 綱島店からのお知らせ  |  一覧へ戻る  |  大丈夫? >

同じカテゴリの記事

こんにちは、オステオパシーコース担当の安田です。

皆様長い間、ご愛顧頂きありがとうございました。
この度、諸事情により、9月16日をもちまして退職させて頂く運びとなりました。
オステオパシーコースのご利用のお客様も徐々に増えてきたところなので、大変残念です。
15年前までは、「オステオパシー」をネットで検索すると結構多彩な情報を得られたのですが、どんどん削除されて最終的にはウィキペディアくらいしか残らないのではと懸念している今日この頃でございます。
オステオパシー自体は、別の所で続けていく予定ですので、よろしければ検索して頂ければと思います。

また、今後とももみ~なグループ(特に当店スタッフは優秀な施術者が在籍しておりますので)を引き続き、ご利用頂ければと思います。

 

 


最近増したチーズ欲

こんにちは!もみーな新丸子店、綱島店の中野です。

もうすぐ8月も終わりますが、まだまだ蒸し暑い日々は続きますね。

みなさん体調はいかがでしょうか?

私はこの時期になると学生時代に「もうすぐまた普段通りの学校生活にもどるのかー泣」と

毎年嘆いていたなとしみじみ思い出せられます。

(まあ今思えばそれも嘆きより笑い話にもっていけますが笑)

 

ここから今日の話に移りまして

最近私は以前よりチーズの欲にまみれているのです。

 

何故ここまでチーズ好きになってしまったかというと・・・・・・

母から聞いた話ですが祖父の家に帰った時のことで

私が1歳になったころに

祖父が「カルシウムはたくさんとっておかんといけん!」と言って与えられてから

味をしめて、そこから異常なまでのチーズ好きになってしまったそうなんです。

 

チーズ欲の強くなった私の暴走は止まらず

一週間に1度は必ず6Pのチーズを摂取したり

たまに居酒屋に行ったときにはチーズの料理を4つくらい必ず注文しています。happy01

(チーズの料理はかなりお腹に溜まるのですが不思議とその後のデザートはペロリと入るのです。)

 

魚やスープ類にもチーズを投入しており、その他あげたらきりがないほどです。

(勿論、全ての料理にのせているわけではありませんが)

 

小中学生の頃には、牛乳嫌いな私は、代わりにチーズを摂ったら身長が伸びるかもなど

変な期待をしたこともありましたcrying

(そんな期待は裏切られましたが・・・・・)

 

これからも私のチーズ欲はずっと続くことでしょう!

 

まだ続く暑さに負けないように頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


味噌の効用

皆様今日は。綱島店蓑和でございます。

 

今日はお味噌の話題です。

古くは中国の「醤」という保存食から端を発したお味噌。その途中の生成過程で口にした食べ物が、とても美味しかったということから広まったということです。鎌倉時代には水への溶けやすさが認められ、お味噌汁として、一汁一菜という食文化として、確立したようです。

戦国時代には信州や三河などで戦国大名の兵糧に保存食である味噌を携帯させていた関係から、味噌が名物の土地と戦国武将の繋がりが見受けられます。

 

河豚や、納豆もそうですが、初めて口に入れた勇気ある先人に日本人として拍手を送りたい次第ですね。

背景には''それ''しかもう食べるものがなかったという厳しい現状も今の日本の豊かな食文化を支える理由の一つではありますが。。

 

近年では味噌は医者いらず!と、三分クッキングの土井善晴先生も推奨されています。

大豆はそのまま食べてもタンパク質として消化吸収がされにくく、お味噌にすると、腸で加水分解され、30%がアミノ酸として吸収されるという利点があります。

 

抗酸化作用の働きで、胃がん、乳癌防止になり、大豆たんぱくは血圧の上昇抑制、コレステロール値を下げる効果、

脳の情報伝達の細胞を作る基となり、集中力や記憶力の上昇。オリゴ糖による腸の強化と免疫力のアップ。

美肌効果、アンチエイジング、近年では、女性ホルモンの分泌のバランスを保つ効果も発見され、更年期障害も抑制させてくれるとのこと。

 

過食、飽食が問題となっている近年ですが、日本食の優れた機能でもう一度、食から健康を見直してみようと思います。

 

 

 


8年ぶりにクッキング

こんにちは!もみーな新丸子店、綱島店の中野です。

ついに新元号が発表されましたね。

新元号は・・・・令和

同時に時代もますます変わってくるなと実感も湧き出てきます。

 

ここから今日の本題に入りまして・・・・

ちょっと前になるのですが、2か月前8年ぶりに台所に立って料理をしました。

実は2か月前に誕生日でして、20代半ばを迎えたこともあり、

今までの年とは違うことで迎えたいと考え、

ここ何年も料理をしていないなと思い出したのと腕試しをしたい欲望が出てきたのが

きっかけで料理をやってみました。

 

そこで今回作ったのは・・・・・・・

私、冬の間は異常にチョコレートが欲しくなり、そのせいで口の中がもやもやとする感じがでてきて

さっぱり酸味のある物が食べたくなり、レアチーズケーキを作りました (笑)

 

 

因みに作り方を紹介いたします・・・・・・・・・・

                    

                      

 

                      材料(18cmの底の抜ける型)

 

                    チーズの生地の材料

                  クリームチーズ・・・・・・・・200g

                       砂糖・・・・・・・・・・ 60g

                  ヨーグルト・・・・・・・・・・・・200g(水切りした後に200gとなるので

                                      水切りする前は450gを計る) 

                  生クリーム・・・・・・・・・・・100cc

 

 

 

                  レモン汁・・・・・・・・・・・・・大さじ1(絞った後にこし器でこす)

                                       ゼラチン・・・・・・・・・・・・・  7g

                    水・・・・・・・・・・・・・・・70cc

 

 

                    ビスケットの土

                  ビスケット・・・・・・・・・・・90g

                  バター・・・・・・・・・・・・・・40g

 

 

                    下準備

 

   ヨーグルトは前日にザルとボウルを用意し、ザルの上にキッチンペーパーを敷いて

   一晩水切りをする。

   

  クリームチーズは混ぜやすくするためにレンジで柔らかくしておく

   型の周りにバターを適量塗っておく(こうすることで型から外しやすくなる)

  ビスケット用のバターをレンジで溶かす

 

 

                    土台作り

  ビスケットを袋に入れ、麺棒で細かくなるまでたたき、細かくなったら溶かしておいたバターを

  3回に分けてなじませる。

 

  なじんできたら型の底に敷き詰める(この時にコップを使ってやると型崩れしにくくなる)

  生地を入れる直前まで冷蔵庫で冷やしておく

 

                    チーズ生地作り

  クリームチーズをよく混ぜた後、砂糖、ヨーグルト、レモン汁、生クリームを順に加え混ぜる。 

 

  水を70ccとゼラチンを別々の器に計り、必ず水の方にゼラチンを加え入れてよく混ぜ、ふやかしておく

  (水の方にゼラチンを入れることでダマになりにくくするため)

  ふやかす時間は約5分が目安

  

  5分経ったら600Wで30電子レンジで溶かす

  (この時沸騰しないように注意が必要で、沸騰させるとゼラチンの凝固力が弱くなり、

   固まらなくなってしまう)

 

   レンジから出して軽く混ぜ、チーズ生地に加える

 

 最後に型に入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める

 

 

 ちなみに食感の好みでふわっとした方が好みの場合は生クリームを少々とろみがつくくらいに

 泡立て、ゼラチンを入れた後に入れること。

 

 生地に隙間がなく、ずっしりした方が好みの場合は生クリームを泡立てず、上記の作り方そのままです。

 

  

 冷やしている間、私のせっかちな心が活発になってしまい、30分に一度冷蔵庫を開けて

 ラップの上から固まり具合を見ておりました(笑)

 普段はのんびり屋と言われている私ですが、こういう時は別人のようにせっかちになってしまうんです(笑)

 

 

 まあこんな感じで作ったわけですが、今度はまた別のものを企画中であります。

 

 最後に話は変わりますが、まだ寒かったり暖かかったりと気温の変化はあるので

 体調を崩さないように頑張りましょう! 

 

 

 

    

 

  

  

  

 

  

      

                 

 

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       

   

 

                  

                                       

 

 

 

           

 

 

         

                

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大丈夫?

昨日、一昨日と急激に春らしさが増し、花粉症のかたなどは症状が出始めたりしてませんか?

もみ~な綱島店の下田です

 

ところで、タイトルにもある『大丈夫?』の問い

みなさまもよく耳にするかと思いますが、実際に何かが起こった時

『大丈夫ですか?』と問われた時、人間は反射的に

『大丈夫です』と答えてしまうそうです

 

なんとも

確かに自身にもそんな経験がありますね

 

特に緊急を要するような事態が起こった時、この言葉が命取りになってしまうなんてことも

目の前に具合を悪くしたり、怪我などで動けなくなった人を見かけた際には

『大丈夫ですか?』ではなく

『どうしましたか?』や『何かお手伝いしましょうか?』などと声をかけられると、展開は大きく変わっていくようです

 

相手を気遣って発する言葉も選択をミスしてしまうと残念な結果になりかねません

 

普段から自然とこういう使い方ができるといいなーなんて思いました

 

それでは、まだまだいろいろ油断できない季節です

過ごし方次第で変わるなんてこともありますのでね

本格的な春がくるまでもう少し、慎重にお過ごしくださいね。それでは、またの機会に

 


このページのトップへ